幕板風のカーテンボックスをDIY。軽い素材にこだわりました。壁紙と同じクロスを貼って高級感アップ!

セルフリフォーム頑張ってますヽ(^。^)ノ
南側、掃き出し窓のある壁の幅は352センチです。
先日は天井ギリギリにカーテンレールを設置して、壁いっぱいにカーテンを吊るすことで部屋を広く見せる効果を狙いました。

今度は、この壁の横幅いっぱいにカーテンボックスを作ります。
天井から下がっているように見える幕板風にしたいと思っています。
前回は廻り縁の型取りをして、隙間なく板を貼るための準備をしました。

カーテンボックスの材料は発泡スチロールとプラダン。
壁付けにしたカーテンレールの上に挟む作戦です。
軽い素材にしているのは、落ちてきたら危ないし、カーテンレールに負担をかけたくないからです。
アクセントクロスと同じクロスを貼って、壁と一体感を持たせます。

そして、完成しました!
サイズピッタリ!

きれいに収まりました\(^o^)/
このカーテンボックスの中にはLEDテープライトを隠して、間接照明にする予定。
完成間近です❤

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ランキング参加中!「いいね」で応援お願いします(^^)/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト内 他の記事を検索
日記
興味のあること備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました