修理に出すほどでもない車の擦り傷を直します。塗料が剝がれないように手間をかけたら、主婦でもそれなりにキレイにできました。

台風の大雨の中、ペーパードライバーの娘に駅まで送ってもらいました。
それはそれは助かりました。
が、翌日車に乗ろうとしたら、車の右後ろを車庫の柱に当てて車庫入れしたことが判明(゚д゚)!
修理するほどでもない、ほんの小さな傷とへこみです。

とび
とび

自分で直そう!

前に乗っていた車もちょっとした傷はソフト99タッチペンで塗っていました。
でもこれ、すぐに薄くなったり剥がれたりしちゃうんですよね。
だからいつも車に常備してました。

とび
とび

今回は下地からちゃんとやってみよう!

まずはキズ以外のところを養生するためにマスキングテープで囲います。

最初はコンパウンドで傷をならします。
ソフト99のコンパウンドセットです。
これは前から持っていました。

3000番で毛羽立った塗料を落としながら傷をならします。

次に脱脂です。
油分が少しでもあると、うまく塗料が乗らないし、今後塗料が剥がれる原因になります。

とび
とび

気づいたらソフト99で揃ってました!
300円台だから使ったら良いと思う!

準備が整ったので塗料を塗ります。
購入したのはこちら。
車種ごとに色が微妙に違うのでちゃんと調べましょう。

乾いたら塗り、乾いたら塗り、と重ねていきます。

重ね塗りしただけなのでムラがありますね。
最後はコンパウンドを9800番まで順にかけます。

完成です!
作業前と比べるとこんな感じ(^▽^)/

車いじりに慣れてない主婦がやったにしては、キレイにできたと思いますヽ(^。^)ノ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ランキング参加中!「いいね」で応援お願いします(^^)/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト内 他の記事を検索
日記
興味のあること備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました