IKEA家具組み立てでカムロックネジが真っすぐにならず困っている方必見!180度回せないのはカムネジの締めすぎの可能性大です。

セルフリフォーム頑張ってます(^▽^)/
IKEAに限らず、組み立て式の家具で最近よくあるのはカムネジ(ジョイントシャフト)とカムロックを組み合わせて使う固定方法です。

IKEAより

先にネジの方を指定の場所にねじ込んでおいて、接続する板を組み合わせてからカムロックを差し込んで、カムロックを180度回すと固定できる、というものですね。簡単に取り付けられるうえ、木ダボよりも強度があります。

ところが、いくつかカムロックを取り付けている内に、180度回ってくれない現象が現れていることに気が付いたのですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

マイナスドライバーを持つ手にどんなに力をこめても真っすぐにはならず、110度くらいしか回ってくれません。
何かがおかしい…

色々やっていると、カムネジ(ジョイントシャフト)を締めすぎている可能性があることが分かりました。
いったん板を取りのけてカムネジを緩めてみます。

右写真は比べてみても分からないくらい、すこーしだけネジを緩めてます。
それから、あらかじめ施工してある穴に木っ端が入っていることが多いので、ドライバでこすってきれいにします。

結構木くずが入ってる

もう一度チャレンジします。
するとあら不思議!
抵抗なくきっちり180度回りました\(^o^)/

調べてもこの解決法を書いている人がいなかったので、備忘録として残しておきます。
DIY楽しいですよね!頑張ります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ランキング参加中!「いいね」で応援お願いします(^^)/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト内 他の記事を検索
日記
興味のあること備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました