不着郵便物の調査報告。調査完了ということにしてもらいました。結局2通の私のワクチン接種券は行方知れずです。

私の年齢に対応した新型コロナワクチンの接種券が届きました。
黄色い封筒です。先週届いた夫のものと同色です。
中に付箋が入っていなかったことから、これは優先発送を依頼しない場合に届く本物(?)の接種券だということが分かります。

私は世田谷区で優先発送を依頼していましたが接種券が届かず再発送を依頼しました。
けれどその接種券も届かずもう一度再発送を速達で依頼しました。
最後に依頼した速達の郵便物だけが手元に届いています。
問い合わせしているのは、届かない2通の接種券です。
世田谷区は発送完了していると言っています。

そして、私の年齢対応の接種券が届いたその日、郵便局から電話がありました。

調査員
調査員

配達員が本日●●様宛のワクチン接種券を発見したとのことで、コピーが届きました。開封はされましたか?こちらがお探しの郵便物ではないのでしょうか?

なるほど。そういう仕組みですか。
でも、残念ながら違います。

娘の優先発送接種券に同封されていた付箋
とび
とび

娘の優先発送接種券に入っていた付箋が入っていません。
優先発送接種券は薄いグレーの封筒です。
今日届いたのは、先週届いた夫宛の封筒と同じ色(黄色)です。
だから今日届いたのは、私の探している封筒ではありません。

申し訳ないほどに調査員の方はしどろもどろに「違いましたか」「色々調査しているのですが…」と見つからないことを超低姿勢で訴えてこられます。普通郵便ですからね。見つかる方が奇跡です。

とび
とび

今日届いた接種券番号を見て、私の接種券番号は1つしかないことがはっきりしました。そして、私は1回目、2回目ともにこの番号で予約できているので、誰かに悪用されていないことも今日明らかになりました。だから、もうこれ以上探さなくても大丈夫です。調査は終了にしてください。大変お手数をおかけいたしました。ありがとうございました。

先方はホッとした様子で電話を切りました。
封筒の色を伝えたときに、「そうです。黄色い封筒です。」と言っていたので、渡ったコピーというのはカラーコピーなのでしょう。配達員の方にもお手数をおかけしました。

結論

1.普通郵便の不着は発見できない。
2.自分の接種券が届くであろう日は、郵便物を確認する。
3.ワクチン接種券は届かないこともある。(2回も)

タイトルとURLをコピーしました