12日目で稚エビ消える。台湾式をやめて素直にアマゾニアパウダー薄敷き水槽に移行しました。

少し前にハッチアウトしたレッドビーシュリンプの稚エビですが、悲しいことに今回は12日目で居なくなりました。

これまで3回生まれた稚エビです。最初は吸着系ソイル薄敷で台湾式。2回目はベアタンクで台湾式。今回はアマゾニアパウダー薄敷の台湾式。これまでは3〜4日で居なくなっていたのに対して今回は残ったほうだと思います。

アマゾニアソイルの効果は絶大で、水草の成長が上がったり、ケンミジンコが復活したり、と水の栄養価が上がったことはすぐにわかりました。

そこで今回は思い切って台湾式を取り出して、アマゾニアパウダーを200cc追加しました。最初に100cc入れてあったので計300ccです。

大きな流木も水の流れを妨げているかもしれないので撤去。

アマゾニアパウダー薄敷のシンプルな水槽に変身です。フィルターはテトラツインブリラントフィルターのみ。エアストーンは24時間入れてます。水中ポンプは水心SSPP-3Sで分岐です。

そんなこんなしているうちにイエローチェリーシュリンプの稚エビがハッチアウトしてました。

今は基本に立ち返った構成です。これで失敗したら次はヒーターを変えるつもりです。今はメダカ用の23度設定なので。

どうなるかなー。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ランキング参加中!「いいね」で応援お願いします(^^)/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト内 他の記事を検索
水槽
興味のあること備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました