庭にワカケホンセイインコの群れがやってきてヒマワリの種を食べまくってます。

父がシジュウカラのためにヒマワリの種を捧げています。
ところが、しけっていたり、つついても殻を剝けない種はポイっと捨ててしまいます。

その種たちが、芽を出し、大輪の花を咲かせました。

勝手に育つヒマワリ

そして、順次枯れていきます。大輪の中央はだんだんと黒く染まり、種が充実してきたことが分かります。
「この種をまたシジュウカラがついばんでくれるといいなぁ」と眺めていたら、ある日、見慣れない緑の鳥たちがやってきました(゚д゚)!

葉っぱと同じ色。見つかるかな?

ワカケホンセイインコです。
中央の枯れたヒマワリに逆さまになってとまっています。
大岡山にある東工大から飛んできたようです。

どうして、うちに美味しい、出来立ての種があることが分かったのでしょう???
凄い勢いで種を飲み込んでいきますよ

ワカケホンセイインコ
タイトルとURLをコピーしました