MSCベリッシマ、年末年始も日本には来ないみたい。地中海で販売してます。今後の動向が分かってきました。海外サイトを見るにはChromeプラグインを入れましょう。

2022年夏、JTBのMSCベリッシマチャータークルーズは、日本の新型コロナ水際対策のため中止になりました。
次に予定されているのは、年末年始のJTBチャータークルーズです。
日程的に行かれないので私は申し込んでいませんが、その後、日本近海で自社クルーズをするかどうか、とても気になっています。

今日、海外のMSCクルーズホームページでこんな情報を発見しました。

2022年12月26日出航、2023年1月2日出航の地中海クルーズを販売しています。
その後引き続き地中海を定期運航して・・・

MSCベリッシマは2023年3月20日まで地中海にいるみたいです。

申し込みしてないから知らないけれど、JTBはまだチャータークルーズの販売をしているのでしょうか?
この情報は日本からのアクセスでは基本的に見ることはできません。
Chromeに特別なプラグインを入れているので、例外的に見ることができるのです。

日本から、ブラウザのアドレスバーに https://www.msccruisesusa.com と入力してもアクセスできず、 https://www.msccruises.jp に自動的に飛ばされてしまうのです。

日本のMSCクルーズHP

日本のサイトでは、2022年11月3日までの情報しか見ることができません。
安全性を確保するために用意したChromeの技術とはいえ、日本から海外のサイトを見たいことってありますよね。
そんな人はChromeにプラグインを入れましょう。

Chromeのウェブストアで Hotspot Shield を検索してインストールします。

Chrome ウェブストア
ブラウザに新機能を追加し、ブラウザ環境をパーソナライズできる簡易プログラムです。

使用する時だけ拡張機能を有効にします。

これで、3月末以降のMSCベリッシマの動向が分かるようになりました。
恐らく、地中海定期運航を終えたベリッシマは1か月ほどかけてはるばる日本に移動します。
この時期は片道クルーズが頻出するでしょうね。
そして、HIS、クルーズプラネット、ベストワンクルーズが3社でチャーターする4月29日からの横浜発着

2023年GWチャーター
南国薩摩と石垣島・那覇・台湾 美ら海クルーズ9日間

これがMSCベリッシマの初来日になると思います。
上記3社はいずれもHIS系列です。
この後、ジャパネットのチャーター、7月のレゲエクルーズまでは日本にいるんじゃないかな。

那覇港の入港予定を見ると2023年の9月にも申し込みをしてるみたいなので、シルバーウィークまでいるのかもしれません。

とび
とび

チャーター以外の日程で行われる自社クルーズを狙っています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ランキング参加中!「いいね」で応援お願いします(^^)/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト内 他の記事を検索
旅行
興味のあること備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました