エビ水槽の硝酸塩を無くすために有茎草を入れたい。でもソイルは超薄敷きなのでペットボトルで水中植木鉢を作ってみました。グリーンロタラが育って硝酸塩は0でキープできてます。

レッドビーシュリンプのいるエビ水槽を台湾式底面フィルターにして2週間ほどたちました。

硝酸塩はこの2,3日検出されていません。いい感じです。
でも、水換えを怠ると少しずつ硝酸塩の数値は上がります。

それにひきかえ、
水草水槽はほとんど水換えをしていませんが、いつも硝酸塩は0です。
うらやましいことです。

このスタイルを真似ようと思います。

ペットボトルの下方3分の1を切り取って、底には千枚通しで穴を数か所あけます。
ポーラスボールを2センチ、ソイルを4センチほど入れ、グリーンロタラを植えます。

流木の奥に配置しています。
(レイアウトする前に撮影すればよかった)
水中にペットボトルで作った植木鉢があるような形です。
このグリーンロタラ、植えた最初よりもかなり成長しています。
そして、今のところ硝酸塩は検出されていません。
今後も観察していきたいと思います。

ちなみに、硝酸塩No3のテストはこれを使っています↓
理科の実験みたいで楽しいです(゜▽゜*)♪

タイトルとURLをコピーしました