興味のあること備忘録

調べ好きな私が、調べに調べてやってみた「イイコト」をちょこちょこ書いていきましょう。

カートンドッグを作ってみました

\ この記事をシェアする /
ランキング参加中。押して頂けたら嬉しいです ➡ にほんブログ村へ
今年のCS夏期学校の野外調理のテストで、
 
カートンドッグ
 
を作ってみました\(^o^)/
別名、カートンホットドッグとも言うみたいです。
 
【材料】
ホットドッグ用のロールパン
ウィンナー(長いのか、普通のなら2本)
千切りキャベツ
バター
ケチャップ
マスタード
お好みでとろけるチーズ
 
【道具】
牛乳パック(1000cc紙パックならなんでも良い)
アルミホイル(ひとつ作るのに70cm必要)
チャッカマン
トング、軍手
(野外調理場)
 
【作り方】(テストでは2本作りました)
1.アルミホイルを35cm✕2枚用意してパンを置く。
 
2.バターを挟むように塗る。(溶けるから適当でいい)
 
3.千切りキャベツをたっぷり挟む。
熱が入ると小さくなるので大丈夫(^^♪
 
4.ウィンナーを乗せる。
(チーズを入れる方は、この後ウィンナーの下にチーズを挟みました)
 
5.巻き巻きします。
まずは一枚目
 
ふんわり巻くのがポイントです!
続けて二枚目を巻きます。
 
6.牛乳パックに入れる。
 
7.焼きます。
上の角2つにチャッカマンで火を着けて、転がすと全面に火が回ります。
 
8.燃え尽きるように転がして焼きます。
 
9.焼けました!
 
10.お皿に移すときにはトングか軍手が必要です。
食べるときはもう素手で大丈夫です。
 
パンがこんがり焼けて超美味😆
キャベツは火が通って甘くなってるし、ウィンナーも熱々です。
 
今回テストとして、ケチャップをかけてから焼くパターンと、後からかけるパターンを試しました。
ケチャップの方が焦げやすいし、水分が出てパンを湿らせてしまいます。
私のオススメは後かけ😃
お好みでマスタードも😁
 
他の人の動画も見てみましたが、うちわで仰ぐと火が強くなりすぎて焦げるみたいです。
牛乳パックを転がしながら全面を静かに焼いていくのが良いですね(^^)
 
カレーとかと違って、小さい子どももみんな、同じペースで同じ作業をすることができるし、何よりも片付けが簡単なところが良いです。
牛乳パックは燃え尽きてしまいます(^^)v