興味のあること備忘録

調べ好きな私が、調べに調べてやってみた「イイコト」をちょこちょこ書いていきましょう。

マリナーオブザシーズ乗船!

\ この記事をシェアする /
ランキング参加中。押して頂けたら嬉しいです ➡ にほんブログ村へ
2014年12月29日、今日はマリナーオブザシーズヘ乗船日です!


まずはホテル(ホリデイインエクスプレスインクラークキー)で朝食。
朝6時から食べれます
二部屋に4人で一泊 計38,468円(税・サービス料・朝食込)
種類豊富でおいしい朝食でした。




ごちそうさま

ホテルの屋上プール(泳がなかったけどね)



レーニングルーム



はるか遠くにマリーナベイサンズが見えます
朝から雨です。でももうすぐやみます。


ホテル近くの通り


すぐ近くがリバーサイドポイント


ここからリバータクシーでマーライオン公園まで行こうと思ったのですがまだ営業していませんでした


仕方ないのでタクシーで移動。
シンガポールは物価が高いけどタクシーは安いです。
沢山いるのですぐつかまります。
私「マーライオン パーク プリーズ」
運ちゃん「??????」
私たち「マーライオン
運ちゃん「ミーライオン??」 スペル:Merlion
私たち「ミーミー!!」
地元では「ミーライオン」なんだそうです(;^ω^)

はずれ
ガー
もういっちょ
とどめ
受けてみた

対岸にマリーナベイサンズ


まともな写真も一応

リバータクシーで一駅乗って、ベイサンズ側に行くことにしました。




パパ支えきれてないぞ


地下道に面白い標識発見!
ドリアン禁止

ガーデンズバイザベイ



ホテルに戻ってチェックアウト → タクシーでマリーナベイクルーズセンターへ
入り口で大きい預け荷物を渡します
二社の船が入港していたので要注意


カウンターでパスポートチェック、出入国カードの署名(だけ)、クレジットカードの確認をしたらシーパスカードをもらえます。
日本からオンラインチェックインしてあったので楽でした。





シンガポール出国手続きをします


さあいよいよ船へ!




初めてのシーパスカード「ピュゥイーン」


すごい! 街? ホテル? でかすぎるーーー




11階ウィンジャマカフェでビュッフェランチが待っています。




デザート!?


長い廊下をつきすすんで部屋へ


ベランダ付きのスーペリアバルコニー 4人一部屋です
最後尾は少しベランダが広い




ミキツーリストさんの日本語説明会があります。今回は乗客の1割以上にあたる370名が日本人だそうです。


毎日和訳した新聞が部屋に届きます。



ここのプールとジャグジーは毎日来ました
プールは海水 一番深いところで160cm
息子はプールで「水中メガネーーー」と騒いでました。
目に入ると痛いから必要ですね
ジャグジーは消毒の臭い強
ぬるいお風呂くらいの温度なので眠くなります

左舷側にホットドッグ屋さん(無料)
右舷側にソフトクリーム屋さん(無料)があります。
11階のオープンエリアにはタオルスポットがあって、青い色のバスタオルを何枚でも貸してくれます。
飲み物はバーで頼んだり(ジュースが3.5$位。ビールが5.5$位~各種あり。カクテルが9$位~)、ウェイターさんに言うと持ってきてくれます。

スポーツデッキに行く廊下


卓球台、バスケットコート、パターゴルフ、ロッククライミング





メインダイニング 素晴らしい


私たちのテーブル


出航前に避難訓練 避難経路を確認して…



ひと遊び! 狭いのに深い。1.6mなので息子は足がつきません。


部屋に戻ったらベッドメイキングされてました。毎日2回お掃除に来てくれます。


最初のディナー
どれもおいしいです。前菜、主菜に分かれていますが、何をいくつ頼んでもいいことになっています。
牛肉と魚介類料理は外れなし。
チキンは必ずメニューに載ってきますが、和風の味付けのものは期待外れ。
ワインはボトルで23$位からあります。飲みきれなかった分は預けておいて翌日出してもらっても、部屋に持っていっても、違う場所(バー)でグラスをもらって飲んでもOKです。
だから夕食後はボトル片手にエレベータに乗って移動する人が何人もいます。








デザート ボリュームたっぷり





夕食の後はアイススケートショーです。誰でも1回だけ観るチャンスがあります。


船に乗ったらWi-Fi契約を
乗船期間によるそうですが、私は95.95$のUNLIMITED PLANにしました
24時間乗船中いつも使えます
期間が長くなるともっとお高いプランが出てきます



teens向けの新聞は和訳がありません
結局子ども達は一回も行きませんでした



噂のクルーズコンパス 英語版!
情報が多い(*_*)
やっぱり和訳の方ばかり見ていました